セルロースファイバー|ホウ酸|効果とは?

投稿日:2017年07月31日 投稿者:建材事業部
カテゴリー:よくあるご質問 | お知らせ | passiv material

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

 

今回は【EMセルロースファイバー】に添加されているホウ酸の効果について簡単にご紹介させていただきます。

 

<防虫効果>

ホウ素(ホウ酸塩)は、工業用品から家庭用雑貨まで、あらゆる用途で使用されています。「殺菌剤」「殺虫剤」「医療品(眼科領域)」。

ホウ酸はシロアリ・ゴキブリの他、ヒアリ、蚊など害虫全般に有効ですが、人間にとっては無害だが、ヒアリを含む害虫などは体内で分解することが不可能なため、生きていられないのです!

ホウ酸団子がゴキブリ駆除に有効であることは広く知られていますね。

feature03_01 

 

<防カビ効果>

カビの胞子はとても小さくたえず至る所に存在します。カビはあらゆる建築物の中で非常によく見られるもので、条件さえ整えばどこにでも発生してしまいます。

幸いなことは、ほとんどのカビは人体やペットには害がないことですが、建築物にはダメージを与えます。木製建築部材は腐朽されていきます。

 

<耐火効果>

ホウ酸塩は、木材、木綿などのセルロース材料の防炎剤として用いられることがあります。

セルロース素材は、高温で炎を上げて燃え上がる場合と比較的低温で炎を出さずにくすぶる場合があります。ホウ酸塩は、炭化を促進し、燃焼している物体からの可燃ガスの発生を押さえる作用があります。ホウ酸塩と結合した水は、気化して炎燃焼を抑制します。また溶融したホウ酸が炭化物の周囲に保護膜を形成し、空気の供給を低減します。

feature06_01

新聞紙を粉砕して住宅の断熱材とするセルロースファイバーもくすぶり燃焼をしやすい材料です。

セルロースファイバーは、主原料が新聞紙のため、「すぐに燃えてしまうのでは?」と思われる方もいると思います。

しかし、ホウ酸・ホウ砂の薬剤を添加することで、万一の火災の時も、炎が燃え広がることはありません。また、木(新聞紙)から生まれた自然素材のため、火災の時に有害なガスを発生させたり、断熱材が熱で溶けることもありません。

 

<燃焼実験>

20151210_161422 20151210_161616 20151210_161623 20151210_162010

燃焼実験動画はこちらより

 

安全はもちろん!地球環境に優しい地産地消の断熱材!!

是非、お問い合わせください。

流通課/田山