セルロースファイバー|壁|リフォーム断熱改修工事|さいたま

投稿日:2017年08月30日 投稿者:建材事業部
カテゴリー:施工事例 | passiv material

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

 

今回は、リフォーム現場で『EMセルロースファイバー』断熱工事を行いました。

 

※シート施工前                  ※シート施工+吹き込み施工後

 

<ここがポイント!>

セルロースファイバーは、隙間なく充填することで、セルロースの持つ断熱性を最大に発揮することができます。セルロースを充分に充填していないと、沈降が起きて、熱欠損が生じてしまいます。

 

セルロースファイバーを隙間無く丁寧に施工することで、夏に日射の侵入を抑え、冬には暖められた熱の逃げを抑えます。

断熱材は、専門の技術者が隙間無く施工(熱漏れを防ぐ)することが基本です。完璧な断熱施工によって、光熱費のランニングコストは小さくなります。
住宅は価格や外観デザインなどの見た目も大切ですが、床や壁の中や天井などの見えない所が、実は最も大切です。

 

商品仕様や施工についてもお気軽にお問い合わせください。

 

流通課/田山