通気くん施工|屋根断熱通気層確保用スペーサー

投稿日:2022年08月26日 投稿者:外渉課
カテゴリー:施工事例

今回は断熱工事における屋根断熱通気層確保用スペーサー

「通気くん」をご紹介します。

 

「通気くん」とは・・・

 通気層工事の時間を大幅に短縮できるアイテムで垂木間にはめこむだけの簡単仕様。

 ダンボール素材により透湿性があり、防風層としての機能も併せ持っています。

 

 

取付自体は上記画像のように垂木の間に通気君をはめ込んでいきます。

そうすることで野地板との間に約3センチほどの通気層 を取ることができます。

 

この通気層は家に入り込んだ湿気を外に逃がすとても大切な役割をもちます。

通気君は透湿性のある素材なので湿気の排出も妨げません。

 

 

施工事例

EMセルロースファイバー施工時に採用

 

注意

標準的な施工で約30mmの通気層を確保できますが、本商品は通気層の厚さを保証するものではありません。

垂木間隔や断熱材の厚さ(反発)により通気層厚が確保できない場合がありますので、設置条件をよくご確認のうえ、ご使用ください。

 

今回のご紹介商品 ※それぞれの画像から商品ページへ遷移できます

 

▼尺モジュール 

▼インチモジュール 

▼メーターモジュール 

 

 

OK-DEPOT 荒木恵