『セルロースファイバー』断熱施工について♪

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

今回は、戸建現場から【EMセルロースファイバー】断熱工事をご紹介させていただきます♪

seru_0603_1

※天井裏(施工後)

seru_0603_2 seru_0603_3

※ロフト壁(施工後)

 

mds_04

img_04 img_01

夏場、二階だけ温度が違うと感じたことがあるかと思います。屋根が吸収した熱は屋根裏に溜まり、それが降りてくることで、上の階の部屋の温度が上がってしまうのです。

屋根裏にセルロースファイバーを積もらせることで、この熱を遮断し、一階と同じ冷暖房効率の良い快適な環境をつくりだします。

セルロースファイバーは、隙間なく充填することで、セルロースの持つ断熱性を最大に発揮することができます。セルロースを充分に充填していないと、沈降が起きて、熱欠損が生じてしまいます。

そのため、「EMセルロースファイバー」は、専門の技術者による責任施工を行える工務店様のみに販売しています。

OK-DEPOTは、地産ECO断熱協会の一員として、セルロースファイバー断熱材を地域で生産し、地域の住宅で使う「地産地消」の仕組みに賛同する技術者の育成を行っています。 工務店様向けに施工技術研修を行っておりますので、セルロースファイバーを取り入れたい工務店様はぜひお問い合わせください。

 

セルロースファイバーを隙間無く丁寧に施工することで、夏に日射の侵入を抑え、冬には暖められた熱の逃げを抑えます。夏は涼しく、真冬は暖かく、そんな快適な生活はいかがでしょうか?

その他、商品や施工についてお気軽にお問い合わせください。

 

流通課/田山

カテゴリー: passiv material, 施工事例

『セルロースファイバー』壁断熱工事について

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

今回は、戸建新築現場から【EMセルロースファイバー】断熱工事をご紹介させていただきます♪

seru_0611_1 seru_0611_2

※壁シート施工              ※壁シート施工後

seru_0611_3 seru_0611_4

※壁吹き込み施工後

 

<責任施工>

断熱材は、熱欠損を防ぐために隙間なく施工することが大切です。セルロースファイバーは、専用の機械を使い、透湿シートで覆った範囲に、隙間なく吹き込むことができます。

feature08_01

<施工で変わる断熱性能>

断熱材は、専門の技術者が隙間無く施工(熱漏れを防ぐ)することが基本です。完璧な断熱施工によって、断熱材の性能が発揮されます。

住宅は価格や外観デザインなどの見た目も大切ですが、床や壁の中や天井などの見えない所が、実は最も大切なのです。施工不良により、僅かな隙間で結露が発生することがあります。断熱欠損で氷柱が発生し、その重さで下屋が落ちることもあるのです。隙間のない施工では、氷柱の発生はありません。

feature08_02

※専門技術者によって隙間無く施工されたEMセルロースファイバー

 

<断熱材の隙間でおこる結露やカビ>

断熱材の種類に関係なく、不良施工により断熱材に隙間があると熱欠損がうまれ、冷暖房効率が下がるだけでなく、結露が発生し結果としてカビの原因になります。

EMセルロースファイバーは接着剤を使用しない吹き込み施工なので、細かい隙間まで高密度に施工できる優れた断熱材なのです。

feature08_03

その他、商品や施工についてお気軽にお問い合わせください。

流通課/田山

カテゴリー: passiv material, 施工事例, 雑談

断熱施工の重要性ついて

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

今回は、断熱材の施工において、その重要性についてご紹介させていただきます。

断熱材は、熱欠損を防ぐために隙間なく施工することが大切です。どんなに優れた断熱材でも、しっかりとした施工されていなければ、断熱材の性能を活かすことは出来ません!

結果として、不良施工により結露が発生し、カビの原因にもなってしまいます。

 

<施工不良例>

断熱不良02 断熱不良01

↓断熱材に隙間があると・・・・!!

feature08_06

筋交いやコンセント周り、配管周りは要注意です!

 

弊社のEMセルロースファイバーは、専用の機械を使い、透湿シートで覆った範囲に、隙間なく充填することで、セルロースの持つ断熱性を最大に発揮することができます。

feature08_01

住宅は価格や外観デザインなどの見た目も大切ですが、床や壁の中や天井などの見えない所が、実は最も大切なのです。それこそが住宅の価値を決めるといっても過言ではないと思います。

断熱材は、しっかりとした施工がされて、断熱材の役割を果たします!

だから、施工はとっても重要なのですね♪

環境にやさしいエコ断熱材!!弊社オリジナル「EMセルロースファイバー」のご注文はこちらより

流通課/田山

カテゴリー: passiv material, よくあるご質問, 雑談

埼玉_「セルロースファイバー断熱材勉強会・製造プラント見学会」

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

弊社では、6/23(木)にセルロースファイバー断熱材勉強会・製造プラント見学会を行います。

キャプチャ12-150x150 図1-150x150 seru_1015_6

今回は、地産eco断熱協会創設者である小泉昭雄氏を講師に迎え、断熱材の考え方や重要性といった基礎知識から施工技術について解りやすく講義を行います。セルロースファイバーに興味がある、提案の仕方が分からない、コスト面に不安がある等、悩みや質問のある方、新人教育の勉強会をお探しの方に最適な内容です。

 

< 「セルロースファイバー断熱材勉強会・製造プラント見学会」詳細 >

【日 時】2016年6月23日(木) 13時~17時
【場 所】OKUTA物流センター(埼玉県さいたま市見沼区風渡野90-1)
【参加費】無料  【定 員】先着30名
【講 師】小泉 昭雄氏(地産エコ断熱協会創設者・(株)断熱職人界 代表取締役)
【会 場】OKUTA物流センター(埼玉県さいたま市見沼区風渡野90-1)
・東武アーバンパークライン 七里駅より徒歩10分程
・JR大宮駅より路線バス「半縄橋」 下車 正面
※会場の駐車場に限りがございますので、出来る限り公共機関をご利用下さい。

seru_1029_1 20141128(21) 20141128(24)

<※過去イベント時の様子>

【予約・問合せ】事前にご予約いただけますと、スムーズにご案内できます。
・電話:048-637-3235
・または下記から申込書をダウンロードの上、FAX 048-644-7309までお送り下さい
http://www.ok-depot.jp/blog/wp-content/uploads/2016/05/623.pdf

【主催】OK-DEPOT

是非、この機会をお見逃しなく。お気軽にお問い合わせください。

 

<地産地消の断熱材>

EMセルロースファイバーは、回収した新聞古紙を粉砕して自社で製造されたエコロジーな木質繊維の断熱材です。地元の不要な新聞紙を集め、地域の家の再生に活かしています。

EMセルロースファイバーは、プラントのある埼玉県を中心として、200k圏内にて販売しています。地域で集めた資源を活用し、輸送にかかる費用も削減することで、大手メーカーのセルロースファイバーと比べて、2割程度安価でご提供することができます。

img_01

その他、商品や施工についてもお問い合わせください。

流通課/田山

カテゴリー: passiv material, イベント情報

『セルロースファイバー』施工実技試験開催♪

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

今回は、先日行った【EMセルロースファイバー】施工実技試験のご紹介させていただきます。

seru_0510_1

⇒実際の壁に見立てた実物大の模型を使用

 

seru_0510_2

⇒シート貼り・・・エアータッカーを使うのですが、シートをピンッと貼る事が大事です!

もちろん時間を計り、張り具合も査定します。

 

⇒EMセルロースファイバーの吹き込み

seru_0510_3

seru_0510_4

seru_0510_5

ベテランスタッフから新人スタッフ共に、実技試験だけあって、現場より緊張気味かな?(笑)

施工は、早さだけではなく、一番重要なのは密度!施工後に筒で抜き取り試験を行います。弊社では60㎏±5㎏の設定となっており、一般より5~10㎏多く吹き込んで断熱性能を上げております。

 

seru_0510_6

⇒検査委員はS課長!専用の密度測定器を使用します。

seru_0510_7

⇒抜き取り後。

seru_0510_8

⇒規定量に達しているか、密度測定します。

seru_0510_9

⇒目視検査。シートを剥がし、障害物のある所もちゃんと吹き込まれているか確認します。

seru_0510_10

⇒綺麗に吹き込まれてますね♪

このように、弊社では定期的に施工技術者も実技試験を行い、現場で確実な施工が出来るように取り組んでおります。スタッフ同士で、意見交換などを行いながら技術精度を高めております。

セルロースファイバーの施工方法など、お気軽にお問い合わせください。

流通課/田山

カテゴリー: passiv material, 施工事例, 雑談