マンション 壁断熱工事について♪

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

今回は、マンションの壁断熱工事のご紹介です。こちらの現場は、リフォームでセルロースファイバーを使い、断熱工事を行いました。

seru 160709_1

※シート施工前の下地

躯体の壁から断熱層分の厚みをセットバックして下地を組んでいきます。必要以上に、断熱層を多くとると部屋が狭くなるので、厚みは戸建ほどはありませが、マンションは気密性も良いので十分効果はあります。

seru 160709_2

※シート施工+吹き込み完了後

<責任施工>

断熱材は、熱欠損を防ぐために隙間なく施工することが大切です。セルロースファイバーは、専用の機械を使い、透湿シートで覆った範囲に、隙間なく吹き込むことができます。

feature08_01

<施工で変わる断熱性能>

断熱材は、専門の技術者が隙間無く施工(熱漏れを防ぐ)することが基本です。完璧な断熱施工によって、断熱材の性能が発揮されます。

住宅は価格や外観デザインなどの見た目も大切ですが、床や壁の中や天井などの見えない所が、実は最も大切なのです。施工不良により、僅かな隙間で結露が発生することがあります。断熱欠損で氷柱が発生し、その重さで下屋が落ちることもあるのです。隙間のない施工では、氷柱の発生はありません。

feature08_02

※専門技術者によって隙間無く施工されたEMセルロースファイバー

 

<断熱材の隙間でおこる結露やカビ>

断熱材の種類に関係なく、不良施工により断熱材に隙間があると熱欠損がうまれ、冷暖房効率が下がるだけでなく、結露が発生し結果としてカビの原因になります。

EMセルロースファイバーは接着剤を使用しない吹き込み施工なので、細かい隙間まで高密度に施工できる優れた断熱材なのです。

feature08_03

その他、商品や施工についてお気軽にお問い合わせください。

流通課/田山

カテゴリー: passiv material, 施工事例, 雑談

『セルロースファイバー』ご注文について♪

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

先日、お客様より【EMセルロースファイバー】のご注文をいただきました。

seru 160704_1 seru 160704_2 seru 160704_3

積み込み完了後、お客様の工事現場へ納品させていただきました。

いつもご注文いただきありがとうございます。

 

セルロースファイバーは、天然の木質繊維でできた高性能な断熱材です。 木の繊維はたくさんの空気の粒を内包しており、この大小さまざまな繊維が絡み合うことで、さらに多くの空気を含み、これが高い断熱性を生み出します。 対流を生まない空気は最大の断熱材であり、断熱性能や防音・吸音性能を発揮します。

<地産地消の断熱材>

EMセルロースファイバーは、プラントのある埼玉県を中心として、200k圏内にて販売しています。
地域で集めた資源を活用し、輸送にかかる費用も削減することで、大手メーカーのセルロースファイバーと比べて、2割程度安価でご提供することができます。

もちろん、小ロットでのご注文も可能です!また、定期注文のお客様へは、更に価格もお安くご提供させていただきす。指定倉庫から各現場ごとの配送も可能です♪

img_01

環境にやさしい断熱材!セルロースファイバーの取り扱いをお考えの工務店様。

是非お気軽にお問い合わせください。

流通課/田山

カテゴリー: passiv material, 雑談

「セルロースファイバー断熱材勉強会・製造プラント見学会」開催!

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

先日6/23(木)にセルロースファイバー断熱材勉強会・製造プラント見学会を行いました。

当日は、多くのお客様にご参加していただき、大盛況でした♪

ご参加いただきました皆様誠にありがとうございました。

 

①セルロースファイバー製造プラント見学

seru_160623_1

<製造工程の説明>※詳しくはこちらより

 

②断熱材の燃焼実験

seru_160623_2seru_160623_3

<燃焼実験>※詳しくはこちらより

 

③セルロースファイバー勉強会 講師:断熱職人界 代表 小泉 昭雄氏

seru_160623_4

勉強会では、セルロースファイバーの歴史から、基礎的な内容・施工方法などを分かり易くお話ししていただきました。

今回、ご参加いただけなかった方は、是非お気軽にご相談ください。会社様ごとの研修や勉強会などもお受けしております。

流通課/田山

カテゴリー: passiv material, 施工事例

住宅だけじゃない!?セルロースはこんなところにも!

こんにちは。

外渉課のフセヒロシです。

 

湿度が非常に高い、梅雨時期になりましたね。

この季節になると自然と「湿度対策にセルロースを使いたい!」という

ご要望があります。

住宅に使用されることの多いセルロースファイバーですが

実は住宅だけでなく、工場などにも使用されることがあります。

工場の場合は外壁面に断熱材など施工することはほんとうに稀なので

ほとんどが外壁むき出しの状態です。

工場内は湿度も高く、場合によっては従業員の方が脱水症状等を起こすことも考えられます。

 

また、調湿効果だけでなく、防音の効果を狙うことも。

セルロースの層には多くの空気の層が含まれています。

セルロース自体も充填するとはいえ、適度な柔らかさも兼ね備えていますので

振動を吸収し、伝達を抑える効果があるんです。

 

feature04_01

 

実際に工場内に施工してみるとこのようになります。

 

2016-06-17 17.56.17

 

うまくブレスをかわすことができれば

壁面は平らな状態です。綺麗ですね。

 

一部を施工しても調湿効果が確実に現れるかといえば

難しいところですが、防音や調湿の効果は少なからず出ます。

 

是非、工場でもお試しいただきたいです!

カテゴリー: 雑談

『セルロースファイバー』断熱施工について♪

こんにちは

OK-DEPOTの田山いさおです。

今回は、戸建現場から【EMセルロースファイバー】断熱工事をご紹介させていただきます♪

seru_0603_1

※天井裏(施工後)

seru_0603_2 seru_0603_3

※ロフト壁(施工後)

 

mds_04

img_04 img_01

夏場、二階だけ温度が違うと感じたことがあるかと思います。屋根が吸収した熱は屋根裏に溜まり、それが降りてくることで、上の階の部屋の温度が上がってしまうのです。

屋根裏にセルロースファイバーを積もらせることで、この熱を遮断し、一階と同じ冷暖房効率の良い快適な環境をつくりだします。

セルロースファイバーは、隙間なく充填することで、セルロースの持つ断熱性を最大に発揮することができます。セルロースを充分に充填していないと、沈降が起きて、熱欠損が生じてしまいます。

そのため、「EMセルロースファイバー」は、専門の技術者による責任施工を行える工務店様のみに販売しています。

OK-DEPOTは、地産ECO断熱協会の一員として、セルロースファイバー断熱材を地域で生産し、地域の住宅で使う「地産地消」の仕組みに賛同する技術者の育成を行っています。 工務店様向けに施工技術研修を行っておりますので、セルロースファイバーを取り入れたい工務店様はぜひお問い合わせください。

 

セルロースファイバーを隙間無く丁寧に施工することで、夏に日射の侵入を抑え、冬には暖められた熱の逃げを抑えます。夏は涼しく、真冬は暖かく、そんな快適な生活はいかがでしょうか?

その他、商品や施工についてお気軽にお問い合わせください。

 

流通課/田山

カテゴリー: passiv material, 施工事例