吸放湿性・吸音性に優れた 余剰新聞から作られるエコな木質繊維断熱材 【EMセルロースファイバー】

断熱材の燃焼実験

断熱材の燃焼実験
  • 万が一の火災のとき、本当に安心な断熱材とは、どのような断熱材なのでしょうか。
    断熱材の燃焼実験を行いました。
  • 石油系断熱材からは、黒い煙が上がっています。
    この黒煙が、火災で一番怖いと言われる煙です。有害な化学物質を含む場合もあります。
    セルロースファイバーは木質繊維ですが、ホウ酸を添加することで燃焼しにくい難燃性の断熱材です。

    お家の性能でも重要なのがこの「断熱」です。passiv designでは、屋根・壁・天井・床・窓など、外気に接するあらゆる箇所に、徹底的に断熱施工を施し世界水準の性能を目指します。
  • セルロースファイバーは、天然の木質繊維です。

    木の繊維はたくさんの空気の粒を内包しており、
    この大小さまざまな繊維が絡み合うことで、
    さらに多くの空気を含み、これが高い断熱性を生み出します。
    対流を生まない空気は最大の断熱材であり、
    断熱性能や防音・吸音性能を発揮します。

  • 生活の中で「心地よさ」を決める大きな要因は「快適な温度」「快適な湿度」

    優れた性能を持つセルロースファイバーを、
    専門の技術者による責任施工で隙間なく吹き込むことで、
    夏は外部からの熱の進入を抑え、冬は室内の熱を逃がしません。
    家の中での温度差が少なく、快適な住環境となります。
    高気密断熱によって、室内の温度を維持することから、冷暖房の効率が上がり、
    電気代が抑えられます。(※グラスウールとの比較時)
    私たちは、地球環境と資源の大切さを考え、
    製造から廃棄までのエネルギーをできるだけ小さくしていきます。

  • 地球にやさしいECO断熱材

    木から生まれたご家庭の不要な新聞紙を回収業者が回収して
    プラントでセルロースファイバーに生まれ変わります。
    木質繊維のセルロースファイバーは自然に還る環境にやさしい断熱材です。


    小規模プラントでECOな地産地消を実現します。

    地域で集めた新聞で断熱材(セルロースファイバー)を作り、
    地域の住宅に供給する事で、地域住民の環境意識が高まります。
    また、流通コストがゼロになり、地域でお金が回る事によって
    地域の活性化を目指しています。



  • Copyright OK-DEPOT All Rights Reserved.